DNV GLがジンのダイバーズウォッチを認証
 
船級協会であるDNV GL(旧ゲルマニア・ロイド船級協会)は、フランクフルトを拠点とするジンのダイバーズウォッチを、様々な基準に従って試験・認証しています。一つの試験工程では耐水性能と耐圧性能に焦点があてられ、もう一つの試験工程では、時計業界においてそれまで一度も例のなかった、欧州潜水器具規格に従った認証が行われています。
 
認証を行うようになった背景の一つに、いかになる潜水においても、時間という要素が生死を分ける重要な役割を果たしているという事実が挙げられます。そのため、ダイバーズウォッチは、耐水性と信頼性に秀で、頑丈でなくてはなりません。また、光と水が織りなすあらゆる状況において完璧な視認性が求められます。もう一つの背景、それは、ジンにとって認証検査が当然のプロセスであり、品質保証を実現する一つの形でもあるということです。認証の実施により、ダイバーズウォッチに関するジンのデータは書類上のみならず、実践的にも証明されます。
 

耐水性能と耐圧性能の試験

すでに2005年から、ジンのダイバーズウォッチにおける耐水性能と耐圧性能に関する試験が、DNVGLで実施されています。認証規格に従い、モデルEZM3とEZM13では50気圧までの、シリーズT1、U1、U1000では100気圧までの、シリーズT2、U2、U200では200気圧までの、さらにシリーズUXに至っては潜水可能なあらゆる深度においての耐圧性能がそれぞれ確認されています。UXシリーズでは、ケースで水深12,000m、ムーブメントで水深5,000mまでの耐圧性能を、DNVGLが確認。こうした試験は、安定した品質を記録・証明するため、全モデルで定期的に繰り返し実施されています。
 

世界初−欧州潜水器具規格に準じた認証

ダイバーズウォッチの試験工程において、呼吸器などと同様の条件を適用することは可能なのでしょうか?この疑問を明らかにするため、ジンはDNVGLに、ダイバーズウォッチを公的認証の枠内において潜水器具としてとらえ、それに応じた試験を実施するという前代未聞の業務を委託しました。欧州潜水器具規格EN250とEN14143に従って性能を検証することは、両者にとってまったく新しい試みでした。同規格は潜水器具を対象としており、それをそのまま時計に適用することは不可能だったからです。そこでDNVGLの専門家たちが、規格を適切に改訂し、2種類の試験工程を定義しました。1つ目の試験では、時計を3時間にわたり−20℃の環境に放置し、その後+50℃の環境にさらに3時間放置。各温度で、放置後の精度と機能に対する信頼性を検証します。2つ目の試験では、−30℃の環境で3時間、+70℃、湿度95%の環境で同じく3時間、時計が持ちこたえなくてはなりません。

 

試験結果

両試験を経て、U1、U1000(2007年発売)、U2、U200(2009年発売)、T1、T2(2013年発売)、EZM13(2014年発売)、EZM3の各シリーズ/モデルで温度安定性と完璧な機能性が確認され、認証が授与されました。UXシリーズも試験を受けましたが、電池式であり、オイルが充填されているという特性を考慮し、気温条件をそれぞれ−20℃、+60℃に変更して検証が行われました。
 

DNV GLについて

DNV GLは、技術的な試験認証サービス、船級および関連ソフトウェア、並びにエネルギー、オイル、ガス、海事の各産業における第三者コンサルティングを提供する、世界で最も大きな国際規格認証およびアセスメント機関です。DNVGLは100ヵ国を越える300ヵ所に拠点を構え、世界16,000名を超える社員が、より安全、よりスマート、よりクリーンな社会の実現に向け、お客様をサポートしています。
 

150年前のDNV GL

船級協会(Det Norske Veritas=DNV)とゲルマニア・ロイド(Germanischen Lloyd=GL)は、2013年9月に合併し、DNVGLが設立されました。元になった組織は、どちらも海運業においてほぼ150年にも上る歴史を有しています。当時、海上貿易においては、航海中の船の安全レベルを検証するための客観的な評価基準を作成する必要がありました。すでに、船舶の技術的な品質が、船荷と乗客の安全な航海にとって決定的要素であることが理解されていました。様々な船主がイニシアチブを取り、船舶の船級に関する問題を協議する委員会が結成され、1864年に船級協会DNVが発足し、一方、3年後にはドイツ・ハンブルクにおいてGLが設立されました。
 

今日のDNV GL

それから、ほぼ150年が経過し、合併後のDNVGLの業務が開始しました。DNVGLは世界最大の船級協会というだけではありません。オイル・ガス産業における試験・検査サービスの市場をリードし、再生可能エネルギーやスマートグリッドにおいてもスペシャリストを自任します。さらに、管理システムの認証においても、世界三大認証機関のひとつに数えられます。
 
 
   
 << MENU
   
   
Copyright c HOTTA CORPORATION All Rights Reserved.